名前を作る

犬の名前の決め方​​
シンプルで短い名前

犬に名前を覚えて貰うには、シンプルではっきり呼べる名前をつけるのがベスト。

長くて複雑な名前は犬からすると理解するのが難しく、混乱してしまう可能性があります。

コールする事には関係ありませんが、オス、メスの区別が付きやすい名前を選んであげましょう。

名前を聞いてオスかメスか判断出来る名前を選んでおけば、散歩中も思わぬワンちゃん同士のトラブルを避ける事が

出来ます。 ご近所さんのワンちゃんの名前は覚えていても、性別までは覚えていなかったりしますので、名前から

判断できれば、「ヒート(生理)中だから余りオスの近くに行かないようにしよう」などの対策が取れます。

​​

身近な人や犬と似たような名前は避けたほうが無難

家族の名前に似た響きの名前や、身近にいる犬の名前と似たような響きの名前は避けたほうが無難です。

多頭飼いをする際も、響きが異なる名前を付けたほうがいいでしょう。他の家族が呼ばれているときに、

自分が呼ばれたのだと勘違いして反応してしまったり、逆に自分が呼ばれているのに気付かなかったりして、

混乱してしまう恐れがあります。

犬に名前を覚えてもらおう!

愛犬に名前を覚えて貰うには、名前を呼ぶときにきちんと愛犬の目を見るようにしましょう。

そして、名前を呼んだあとは必ず「ごほうび」を与えるなどして、「名前を呼ばれるといいことが起きる」という

ことを認識させます。そうすると、名前を呼ぶとスグに飼い主さんのところに来てくれるようになります。

MUMUTTO

LANG

SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

株式会社KNグローバル 

東京都中央区築地4-2-7 フェニックス東銀座 305

Copyrightⓒ2019 MUMUTTO. All rights reserved.